不動産投資・収益物件・投資用不動産ならアットホーム 投資


アットホーム投資 投資コラム はじめての不動産投資 第29回 投資の終わり方 第1回

はじめての不動産投資

第29回 投資の終わり方 第1回

  • 1
  • 2
  • 1/2 Page


前回までに、不動産投資のイロハについて、様々なアドバイスを受けてきたキムラさん。

佐藤先生が将来的なことを考えて、投資の終わり方について、アドバイスを始めたようです。

更新日:2007/11/08

佐藤先生:

キムラさんの場合は、おそらくまだまだ先の話だと思うけど…。
投資をどのように終わらせるかということも少し考えておいた方がいいよ。

キムラさん:

え、終わらせる?
始めたばかりなのに…(泣)

佐藤先生:

まあ、先の話だけどね。
老後資金の準備といっても、永遠に死なないということもないだろう?
どこに、どんな形でゴールするのかということも、前もって考えておくことをおススメするよ。

キムラさん:

終わらせるっていうと、売却っていうことですか?

佐藤先生:

それも一つの終わり方だよね。
売却に関して言えば、基本的には、年数が経過することにより、建物の価値は下がるよね。
地価は地域によっては値上がりしている場所もあるけど、昔ほどではない。

キムラさん:

売却損が出ちゃう可能性はありますよね。

佐藤先生:

劣化や地価下落による売却損も考えられるし、売却時におけるその物件の利回りにも影響を受けるだろうね。

キムラさん:

そりゃそうですよね。
入居者が、ここ数年いません、なんて物件私だって買いたくないし。(笑)

佐藤先生:

そういうこと。
入居状況が良好で、建物の劣化もほとんどないといった状況であれば、修繕のリスク及び空室のリスクが低いから、多少利回りは低くても売却することは可能だろうね。

キムラさん:

だから運用期間中でも、その時点での運用状況だけではなくて、売却のことも頭に入れておくことが必要なんですね。

佐藤先生:

不動産現物投資は、不労所得といいながらも、実際のところ不労所得と言い難い部分が多々あることは、いろんなリスクとその対策について話しておいたから、なんとなく分かるかな?

キムラさん:

確かに…。
年を取るにつれ不動産現物投資は体力的に厳しい、といった状況もゼロじゃないですよね。

佐藤先生:

だから、自分のライフプランに沿って、何歳になった時点で不動産投資は終了させるといった視点も必要なんだ。
終了しようと考えた年齢の数年前から準備をしておかないと、当初、予定していた年齢で終了させることは難しくなることもあるんだ。

キムラさん:

そのとき、そのときの状況によりますもんね。
売るにしても流通事情の影響を受けるだろうし…。

その他の投資コラム


はじめての不動産投資
みつける!私の投資スタイル

これから不動産投資を始める方を対象に、基本から実践までを解説


押さえておきたい
不動産投資のツボ!

不動産投資をする際の不安、疑問をシミュレーションを通じて解消します!


不動産投資Q&A

不動産投資でのありがちな問題とその対処法、つまずきやすいポイントをQ&A形式で解説します。


不動産投資AorB

不動産投資ではターニングポイントがつき物。よりよい選択をできるようバックアップします。


不動産投資の今!!

経済状況が変わると不動産投資にどのような影響が現れるか。専門家の見方をご紹介。



監修:ファイナンシャルプランナー
佐藤益弘氏
(株)優益FPオフィス代表取締役
マイアドバイザー(R)登録
CFP®資格認定者(J-90032758)
佐藤 益弘氏

独立系FPとして活動中。主要ウェブサイトや経済紙への執筆、厚生労働省・国土交通省などのセミナー講師、共栄大学での非常勤講師も務める。




このページのトップへ

賃貸や不動産はアットホーム-賃貸マンションや賃貸物件など不動産のことならアットホーム