不動産投資・収益物件・投資用不動産ならアットホーム 投資


アットホーム投資 投資コラム はじめての不動産投資 第22回 管理とトラブル対策 第3回

はじめての不動産投資

第22回 管理とトラブル対策 第3回

  • 1
  • 2
  • 1/2 Page


前回、主体的に賃貸マンションのオーナーとして、マンション経営に関わっていくことの大切さを学んだキムラさん。

マンション投資のリスクの対処法について折をみて、話すといった佐藤先生ですが・・・。

更新日:2007/10/11

キムラさん:

先生!
いつ、リスクとその対処法について話してくれるんですか?

佐藤先生:

…。
ちょっと、最近仕事が立て込んでたの、良く知ってるだろう?
まあ、いい。ひと段落したから、少し話そうか。

キムラさん:

前に、リスクについてお話ししてもらってたように思いますけど、もっと具体的なポイントのお話なんですか?

佐藤先生:

そう、前に話したのは不動産投資そのもののメリットデメリットということ。
今回話しておこうと思っているのは、賃貸借における、具体的なリスクやトラブルの種についてというところかな。
もちろん、必ずトラブルに見舞われるということではないけど、トラブルを100%回避することは不可能なんだよね。

キムラさん:

私がどんなに誠実に対応したとしてもですか?

佐藤先生:

相手があることだからね。トラブルが発生しないとは言いきれない。
例えば、家賃の滞納はその典型だよね。

キムラさん:

でも、そんなの賃貸借契約に違反しているから、全面的に賃借人が悪いじゃないですか!そんなことしたら訴えてやる!

佐藤先生:

まあ、まあ。
その解決は言うほど、容易じゃないよ。
その他にも、家賃は支払うが周囲の住民とトラブルばかり起こす賃借人もいるよ。
これらの解決にはお金と時間がかかるから、投資計画にはこれらのリスクをあらかじめ盛込んでおくと安心だね。

キムラさん:

わぁ。性質が悪い…。
でも、実際賃貸じゃないにしろ、近隣とのトラブルで訴訟沙汰になってるケースも、時々ニュースでみますもんね。
でも、それって避けられないもんなんですか?

佐藤先生:

手段はあるよ。
賃貸管理会社に管理業務を委託している場合、キムラさんが賃借人と会う機会はないのが通常だと思うけど、賃貸管理会社が賃借人の「現住所」「引っ越し理由」「同居者」「勤務先」「収入」「連帯保証人」等々、基本事項の確認および喋り方や服装、時間にルーズではないかなどのチェックを行ってくれるんだ。

キムラさん:

賃貸管理会社が独自に入居審査を行ってくれるんですね。
私にもその様子を教えてくれるもんなんですか?

佐藤先生:

もちろん。入居審査の様子について、賃貸管理会社がキムラさんに意見を伝えて最終判断を仰ぐことになる。

キムラさん:

そのポイントって、管理会社さんごとに異なるんですか?

その他の投資コラム


はじめての不動産投資
みつける!私の投資スタイル

これから不動産投資を始める方を対象に、基本から実践までを解説


押さえておきたい
不動産投資のツボ!

不動産投資をする際の不安、疑問をシミュレーションを通じて解消します!


不動産投資Q&A

不動産投資でのありがちな問題とその対処法、つまずきやすいポイントをQ&A形式で解説します。


不動産投資AorB

不動産投資ではターニングポイントがつき物。よりよい選択をできるようバックアップします。


不動産投資の今!!

経済状況が変わると不動産投資にどのような影響が現れるか。専門家の見方をご紹介。



監修:ファイナンシャルプランナー
佐藤益弘氏
(株)優益FPオフィス代表取締役
マイアドバイザー(R)登録
CFP®資格認定者(J-90032758)
佐藤 益弘氏

独立系FPとして活動中。主要ウェブサイトや経済紙への執筆、厚生労働省・国土交通省などのセミナー講師、共栄大学での非常勤講師も務める。




このページのトップへ

賃貸や不動産はアットホーム-賃貸マンションや賃貸物件など不動産のことならアットホーム