不動産投資・収益物件・投資用不動産ならアットホーム 投資


アットホーム投資 投資コラム はじめての不動産投資 第20回 管理とトラブル対策 第1回

はじめての不動産投資

第20回 管理とトラブル対策 第1回

  • 1
  • 2
  • 1/2 Page


ついにマンションの引き渡しを受けたキムラさん。

いよいよマンション投資を実際にスタートさせるにあたって、「管理」について佐藤先生にアドバイスを受けているようですが・・・。

更新日:2007/10/04

キムラさん:

先生!とりあえず、形ばかりのオーナーになったんですけど、これからどうしましょうか…。

佐藤先生:

ま、まさか、ノープランってわけでは無いよね。
あれだけ、いろいろ教えてきたんだから。

キムラさん:

そんな、ノープランってわけじゃないですけど…。
管理業務に関する契約では入居者募集も管理会社が行ってくれることになっているんですが、その後に必要となる管理って、どれくらい管理業者さんにオマカセしちゃっていいのかなあって思って…。

佐藤先生:

まあ、様子を見ながらどこまで自分でやって、どこまで管理業者に任せるのか、考えていけばいいのだろうけど。
管理業務っていっても、どんなことがあるかきちんと理解してるかい?

キムラさん:

えっと…。
今、業者さんにお願いしている、「入居者の募集・審査」、「契約」、「鍵の引渡し」「家賃の徴収および滞納家賃の督促」、「契約の更新手続き」とかですかねえ…。

佐藤先生:

その他にも、「エアコン、給湯器等設備の修理・交換」、「マンション管理組合との連絡調整」「退去の立会い」等々、賃貸人としての様々な管理業務があるよ。

キムラさん:

え。マンション投資が本業じゃないから、そこまでできませんよ!

佐藤先生:

キムラさんの場合、もう一度管理業務をどこまでお願いしている契約になっているか、確認が必要なようだけど、すべての業務を賃貸人が行うことは一般的に不可能だね。
だから、管理業務委託契約を賃貸管理業者と締結して、プロの賃貸管理業者に任せることになるんだけど、任せる業務の内容がキムラさんのようにマンションの一部を所有する場合とマンション1棟を所有する場合では異なってくる。

キムラさん:

今回の私の場合って、どうなんでしょう?

佐藤先生:

たとえばキムラさんのような場合、そのマンションには他にも所有者がいるよね。
そのように1棟のマンションを複数の人で所有する場合、マンション管理組合が自動的に成立することは、もう知っているね?
そのマンション管理組合も管理業務を行うし、キムラさんが依頼する賃貸管理業者も管理業務を行う。
両者は管理業務について各々のテリトリーを有しているんだ。

キムラさん:

確か…、マンション管理組合は、マンションの共用部分の管理を行って、管理業者はマンションの専有部分について管理を行うんですよね。

佐藤先生:

そう。つまり、キムラさんが今悩んでいる「管理」っていうのは、専有部分の管理のことだから、賃貸管理業者に任せられる範囲っていうのは、入居者との円滑な契約の履行と専有部分の補修程度の業務になる。

キムラさん:

まだ、1棟まるまるを所有しようなんて度胸はないですけど、もしマンション1棟を所有する場合には、一部所有であればマンション管理組合が行う共用部分の管理についても考えていく必要があるってことなんですね。

その他の投資コラム


はじめての不動産投資
みつける!私の投資スタイル

これから不動産投資を始める方を対象に、基本から実践までを解説


押さえておきたい
不動産投資のツボ!

不動産投資をする際の不安、疑問をシミュレーションを通じて解消します!


不動産投資Q&A

不動産投資でのありがちな問題とその対処法、つまずきやすいポイントをQ&A形式で解説します。


不動産投資AorB

不動産投資ではターニングポイントがつき物。よりよい選択をできるようバックアップします。


不動産投資の今!!

経済状況が変わると不動産投資にどのような影響が現れるか。専門家の見方をご紹介。



監修:ファイナンシャルプランナー
佐藤益弘氏
(株)優益FPオフィス代表取締役
マイアドバイザー(R)登録
CFP®資格認定者(J-90032758)
佐藤 益弘氏

独立系FPとして活動中。主要ウェブサイトや経済紙への執筆、厚生労働省・国土交通省などのセミナー講師、共栄大学での非常勤講師も務める。




このページのトップへ

賃貸や不動産はアットホーム-賃貸マンションや賃貸物件など不動産のことならアットホーム