不動産投資・収益物件・投資用不動産ならアットホーム 投資


アットホーム投資 投資コラム はじめての不動産投資 第14回 どんな税金とおつきあいするか?

はじめての不動産投資

第14回 どんな税金とおつきあいするか?

  • 1
  • 2
  • 1/2 Page


前回、登記について佐藤先生にアドバイスをもらったキムラさん。

いよいよ契約間近のようですが・・・。

更新日:2007/08/30

キムラさん:

この前、契約について、いろいろお金のお話をされたんですけど、税金って結構掛かるんですねえ。

佐藤先生:

確かに、不動産には様々な税金が課せられているからね。
まず、不動産の購入時にかかる税金について、どんな税金が課せられるかって聞いたの?

キムラさん:

えっと…。
不動産取得税と登録免許税と…。

佐藤先生:

あと、印紙税と消費税ってとこかな。

キムラさん:

そう、それです!

佐藤先生:

まず、不動産取得税は不動産などの固定資産を取得した者に課せられる税金のこと。
課税主体は物件所在の都道府県で、本則としては、固定資産税評価額の4%が課税されることになる。
ただ、現在は税率の特例が受けられるから、賃貸マンションの購入であれば、3.5%の税率が適用されるんだ。
一定の条件を満たせば、課税標準から控除を受けられる特例もあるよ。

キムラさん:

特例?

佐藤先生:

ただ、賃貸用住宅の場合は、新築のみが適用になる特例だから…。

キムラさん:

そっか。私の購入する物件は中古だから適用外なんですね。

佐藤先生:

もし、今後の勉強のために調べておくなら、各都道府県のHPで調べてみるといいよ。
例えば、東京都であれば、ここ(東京都主税局ホームページ)とかね。

キムラさん:

ありがとうございます。後で確認してみますね。
あと、登録免許税っていうのは、この前教えてもらった登記申請をするときに、課税される税金ですよね。

その他の投資コラム


はじめての不動産投資
みつける!私の投資スタイル

これから不動産投資を始める方を対象に、基本から実践までを解説


押さえておきたい
不動産投資のツボ!

不動産投資をする際の不安、疑問をシミュレーションを通じて解消します!


不動産投資Q&A

不動産投資でのありがちな問題とその対処法、つまずきやすいポイントをQ&A形式で解説します。


不動産投資AorB

不動産投資ではターニングポイントがつき物。よりよい選択をできるようバックアップします。


不動産投資の今!!

経済状況が変わると不動産投資にどのような影響が現れるか。専門家の見方をご紹介。



監修:ファイナンシャルプランナー
佐藤益弘氏
(株)優益FPオフィス代表取締役
マイアドバイザー(R)登録
CFP®資格認定者(J-90032758)
佐藤 益弘氏

独立系FPとして活動中。主要ウェブサイトや経済紙への執筆、厚生労働省・国土交通省などのセミナー講師、共栄大学での非常勤講師も務める。




このページのトップへ

賃貸や不動産はアットホーム-賃貸マンションや賃貸物件など不動産のことならアットホーム