不動産投資・収益物件・投資用不動産ならアットホーム 投資


アットホーム投資 投資コラム はじめての不動産投資 第10回 信頼できるパートナーって?

はじめての不動産投資

第10回 信頼できるパートナーって?

  • 1
  • 2
  • 3
  • 1/3 Page


前回、広告の見方についてアドバイスをうけたキムラさん。

広告で気になる物件をみつけたようですが・・・。

更新日:2007/08/02

佐藤先生:

情報収集は、上手くいってるかい?

キムラさん:

広告の見方について、アドバイスを頂いてから、物件概要を、目を皿のようにしながら、注意してみるようになりましたよ!

佐藤先生:

そうか、そうか。
それで、いい物件は見つかったかい?

キムラさん:

ハイ。
これがいいのかどうかハッキリとはしないんですが、ウチのすぐ近くに物件を見つけたので、不動産屋さんに聞きに行ってみようかなって思ってるんです。
不動産屋さんに行ったことなんて、今住んでるような賃貸物件を探しにいったことくらいしかないですからねぇ。
ちょっぴり怖いですけどね。

佐藤先生:

確かに、不慣れな不動産取引を行うのは勇気がいるよね。
不動産をめぐる紛争やトラブルは結構多いし、大手不動産会社であっても、裁判で争うケースも少なくないから、会社が大きければ安心というわけでもないしね。

キムラさん:

怪しい会社は嫌ですからね…。
信頼できる安全な会社であることは、絶対条件ですよ!
話を聞きに行ってみようかなと思っている宅建業者免許は更新回数も多いみたいですし…。

佐藤先生:

ちゃんと注意していろいろな情報を広告から読み取っているみたいだね。
感心、感心!
キムラさんの言うとおり、日本では不動産業は免許制になっていて、不動産を取り扱う会社は、宅地建物取引業者としての免許が交付されているよね。

キムラさん:

免許番号の前のカッコ( )の数字が大きいほど、古くから営業しているということになるんですよね。

佐藤先生:

その通り!
宅地建物取引業者の免許には、複数の都道府県で営業していることを示す国土交通大臣免許と、一都道府県で営業していることを示す都道府県知事免許があって、5年ごとに免許は更新されるんだ。
とはいえ、今の経済情勢からすると、必ずしも古いから安心とはいえないかもしれないけど、普通に考えるなら地元で長く商売している会社であれば、あまりいい加減なことはできないだろうね。

キムラさん:

当然ながら、その更新回数だけで不動産業者を信頼するつもりはないですけど、他にも不動産業者を見極める方法があるんですね?

佐藤先生:

そうだね。
宅建業者名簿を閲覧することで、その不動産会社の概要を知ることができるよ。

キムラさん:

どこで閲覧できるんですか?

その他の投資コラム


はじめての不動産投資
みつける!私の投資スタイル

これから不動産投資を始める方を対象に、基本から実践までを解説


押さえておきたい
不動産投資のツボ!

不動産投資をする際の不安、疑問をシミュレーションを通じて解消します!


不動産投資Q&A

不動産投資でのありがちな問題とその対処法、つまずきやすいポイントをQ&A形式で解説します。


不動産投資AorB

不動産投資ではターニングポイントがつき物。よりよい選択をできるようバックアップします。


不動産投資の今!!

経済状況が変わると不動産投資にどのような影響が現れるか。専門家の見方をご紹介。



監修:ファイナンシャルプランナー
佐藤益弘氏
(株)優益FPオフィス代表取締役
マイアドバイザー(R)登録
CFP®資格認定者(J-90032758)
佐藤 益弘氏

独立系FPとして活動中。主要ウェブサイトや経済紙への執筆、厚生労働省・国土交通省などのセミナー講師、共栄大学での非常勤講師も務める。




このページのトップへ

賃貸や不動産はアットホーム-賃貸マンションや賃貸物件など不動産のことならアットホーム