不動産投資・収益物件・投資用不動産ならアットホーム 投資


アットホーム投資 投資コラム はじめての不動産投資 第8回 不動産の購入場所を決めよう!

はじめての不動産投資

第8回 不動産の購入場所を決めよう!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 1/3 Page


不動産投資の計画を立て、お金の話についても理解が進んできたキムラさん。

そろそろ、物件を見つけようとおもうのですが・・・。

更新日:2007/07/26

キムラさん:

佐藤せんせーいぃ!!おはようございますーー!

佐藤先生:

うわ、朝から元気いいねえ。どうしたの?

キムラさん:

そこの駅前で、ワンルームマンション売ってたんですよ。
場所もそこそこいい感じで・・・。ついに、出会っちゃったかなみたいな♪

佐藤先生:

場所は、この駅に絞ってたの?

キムラさん:

いいえ。
モノもよさそうだし、歩いてる人も多そうだし、フィーリングですかね☆

佐藤先生:

はあ・・・。
きちんと収益があがるかどうか、根拠を調べておく必要があるでしょ・・・。

キムラさん:

・・・どうやって調べればいいですか?

佐藤先生:

まず、検討不動産エリアの人口と世帯数を調べておきたいね。
ただ、百万人を超える大都市でも、単に市の人口が多いからといって、十分な需要があると判断するのは、早計だよ。
住宅は、世帯(独身者も含みます)で住むものだから、世帯数がどのくらいあるのかが、ポイントなんだ。
人口に対する世帯数が少なければ、子供がいる家族世帯が多いと推測できるしまたそれが都市中心部からある程度離れた場所で、ベッドタウンと呼ばれるような場所であれば、持家の比率も高い可能性があるってことだ。

キムラさん:

つまり、単身者用の物件に適していないエリアともいえますね。

佐藤先生:

そういう根拠を考えないままに、勘だけで、物件を選ぶと痛い目にあうよ!
だって、キムラさんが自分が住む家を選ぶとき、見ないで決めるかい?
投資用物件を購入する場合も同じだよ。
住むつもりではないにせよ、現地を自分の目で確認することはとても重要なポイントだよ。
だけど、離れた地域に何度も出向くのは、時間もコストもかかり現実的ではない。
さっきの情報は、インターネットで簡単に見ることが可能だし、中には、より細分化された詳細なデータが閲覧できるものもあるからね。

その他の投資コラム


はじめての不動産投資
みつける!私の投資スタイル

これから不動産投資を始める方を対象に、基本から実践までを解説


押さえておきたい
不動産投資のツボ!

不動産投資をする際の不安、疑問をシミュレーションを通じて解消します!


不動産投資Q&A

不動産投資でのありがちな問題とその対処法、つまずきやすいポイントをQ&A形式で解説します。


不動産投資AorB

不動産投資ではターニングポイントがつき物。よりよい選択をできるようバックアップします。


不動産投資の今!!

経済状況が変わると不動産投資にどのような影響が現れるか。専門家の見方をご紹介。



監修:ファイナンシャルプランナー
佐藤益弘氏
(株)優益FPオフィス代表取締役
マイアドバイザー(R)登録
CFP®資格認定者(J-90032758)
佐藤 益弘氏

独立系FPとして活動中。主要ウェブサイトや経済紙への執筆、厚生労働省・国土交通省などのセミナー講師、共栄大学での非常勤講師も務める。




このページのトップへ

賃貸や不動産はアットホーム-賃貸マンションや賃貸物件など不動産のことならアットホーム