不動産投資・収益物件・投資用不動産ならアットホーム 投資


アットホーム投資 投資コラム はじめての不動産投資 第7回 アパートローンって、どういうものなの?

はじめての不動産投資

第7回 アパートローンって、どういうものなの?

  • 1
  • 2
  • 1/2 Page


前回、自己資金とローン借入における頭金について、佐藤先生にアドバイスをもらったキムラさんは、AB銀行に頭金作りの相談をしたようですが・・・。

更新日:2007/07/19

キムラさん:

先生!昨日、お昼休みに、AB銀行いってきましたよ。
一応、給与引き落としの積み立て口座をつくっておきました。
その時、銀行の人にも不動産投資をするときのローンについて聞いてみたんです。
ただ、そもそもアパートローンって言うのがなんとなくピンとこないんですけど・・・。

佐藤先生:

うん、「先生」っていうのをやめてくれたら、教えてあげるよ。(笑)

キムラさん:

あっ。もう、これはクセなんですから、早く教えてくださいよ、先生。
銀行の人に提携ローン以外の取り扱いはしていないとか、なんとか・・・、いわれたんですけど。
教えてくれてもいいのになあ、ケチですよね!

佐藤先生:

ケチではないよ。(笑)
アパートローンにも提携型と非提携型があるんだ。
不動産販売業者や住宅メーカー等がすでに金融機関と提携していて、キムラさんがその販売業者から購入した場合や、 住宅メーカーに依頼して賃貸住宅を建てた場合に、提携金融機関が資金を融資してくれるタイプ。
非提携型は、キムラさんが直接金融機関に自ら出向いて融資を申し込むタイプ。
提携型と非提携型との間で融資条件に差はないんだけど、提携型のみでローンを扱っている場合には窓口対応が薄い場合もあるからね。
特にワンルームマンション投資の場合には、提携型が多いんだよ。
手続きの簡便さからみると提携型の方が利用しやすいかなあ。

キムラさん:

ふーん・・・。
私の場合、1500万円くらいの借入になるのかなぁ・・・って思ってるんですけど、そんなに借りられるものなんですかね。

佐藤先生:

融資額は最高2〜3億円となっているところが多いけど、当然のことながら、誰でも2〜3億円融資してもらえる訳ではないよ。

キムラさん:

さん、さんおくぅーー!!
・・・ま、まあ、不動産投資が上手くいったり、相続などで土地を譲り受けたりして、さらに不動産投資の規模を広げたいって 考えるのであれば、確かに、その融資枠はありがたいところですね。

佐藤先生:

そうだね。だけど、さっきもいったように、誰でも借りられる額ではないよ。
アパートローンにおける融資の判断基準は大きく2つ。
ひとつは、今後収益を上げていくことになる物件の担保価値。
もうひとつは、借りる人の返済能力。

キムラさん:

ふたつを満たせば、3億円の融資が受けられるってことですか?

その他の投資コラム


はじめての不動産投資
みつける!私の投資スタイル

これから不動産投資を始める方を対象に、基本から実践までを解説


押さえておきたい
不動産投資のツボ!

不動産投資をする際の不安、疑問をシミュレーションを通じて解消します!


不動産投資Q&A

不動産投資でのありがちな問題とその対処法、つまずきやすいポイントをQ&A形式で解説します。


不動産投資AorB

不動産投資ではターニングポイントがつき物。よりよい選択をできるようバックアップします。


不動産投資の今!!

経済状況が変わると不動産投資にどのような影響が現れるか。専門家の見方をご紹介。



監修:ファイナンシャルプランナー
佐藤益弘氏
(株)優益FPオフィス代表取締役
マイアドバイザー(R)登録
CFP®資格認定者(J-90032758)
佐藤 益弘氏

独立系FPとして活動中。主要ウェブサイトや経済紙への執筆、厚生労働省・国土交通省などのセミナー講師、共栄大学での非常勤講師も務める。




このページのトップへ

賃貸や不動産はアットホーム-賃貸マンションや賃貸物件など不動産のことならアットホーム